業界内の平均月収を調べるのが楽しい

楽しみといえば、専ら私が属していた業種の平均月収を調べることです。無職ですが日雇いバイトで生活費を捻出している私は、過去の私の栄光を確かめたいがあまり突拍子もない行動に出ました。

それが、採用される気もないのに過去に務めていた会社と同業種の会社に面接を受けに行って、そこの従業員の平均月収を質問するということです。もちろん採用される気がないので、志望動機などを聞かれたら完璧には答えられません。

しかしながら、私は準備さえしていれば確実な受け答えができるので問題はないと思っています。呆れ果てられることは数え切れないほどありましたが、だいたいの会社で従業員の平均月収を聞き出すことに成功しました。過去は大手企業で働いていた私からしてみれば、どの会社も私以上に報酬を得ているサラリーマンが所属していないことを思い知らされました。

景気が良くなっているはずなのですが、やはり私の能力が高すぎたせいで過去にお金をたくさんもらっていたのだと感じたのです。しかしながら、私としてはそろそろ真面目に就職してお金を安定的に稼ぐ必要があります。

一方で、真剣になればいつでも採用されるので、今のお金に関しての趣味を継続します。

NO IMAGE

私の節約術

私が現在している節約術は、まず「家計簿を予算までつける」ことです。単純ですが、とても大事なことだと思います。 家計簿をつけていない人は...

記事を読む

NO IMAGE

パートを辞めたので毎日のお料理を頑張っています

主婦ですが、今月に入ってパートを辞めました。収入は8万円くらい 減りました。ここを辞めたことによって、昼食代、交通費などかから なくなっ...

記事を読む

NO IMAGE

誘惑に負けない為に時折自分を戒める必要性

私はごく普通の平凡なサラリーマンです。 独身で、年齢は30半ばとなりますが、独り身につき貯蓄はそこそこ出来てきました。10代、20代の頃は...

記事を読む

NO IMAGE

お金について

私は、板垣退助の100円札を5枚ほど持っています。 夏目漱石の1000円札も1枚持っています。つくば万博の500円玉も何枚か大事にとっ...

記事を読む

NO IMAGE

母の口癖はお金がない

母は九州の田舎の方の出身ですが、割と良いところの家柄で呑気に育ち興味本位だけで東京に出てきたそうです。 自分がお金持ちとも思ったことも...

記事を読む